カカオ70% 大人の味。

知り合いにおすすめされて速攻買って読んだ本。
それが

「20歳の時に知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」

という、ティナ・シーリグさんが書いた本だ。

結論から言うと、この人が言いたかったのは、

「自分自身に許可を与えろ」と言うことだった。

トライする許可、失敗する許可。
常識を疑う許可、自分の限界に試す許可。

常識の殻に閉じこもって、可能性を排除するのは、
驚くほどたやすいことであると指摘している。

ただ、実際に行動に起こす人が驚くほど少ない。

俺はアクションの人になれるか。

また、情熱の取り扱い方についても言及されていて、そこも気に留まった。

情熱は、ただの出発点に過ぎない。

音楽が好きでも、演奏するのが上手いと言うわけではない。

映画が好きでも、作るのに向いているかどうかは分からない。

情熱があっても、それを活かす場所がない場合もある。

最悪なのは、仕事に興味がなく、スキルもなく、今やっていることを活かす市場もないこと。
逆に、情熱・スキル・市場が重なり合うところが働くにおいて最高の場所である。

この本の中で紹介されていた老子の言を紹介しよう。

仕事や遊び、心と体、娯楽や教育、愛と宗教の区別をつけない。
何をやるにしても、その道で卓越していることを目指す。
仕事か遊びかを決めるのは周りがすることだ。
当人にとっては常に仕事であり、遊びである。

しかり。
その通りだと思います。

知恵の言葉というのは、甘くもあり、場合によっては、聞く人の状態によっては、苦くも聞こえるかもしれない。

褒められて育った子供の頃のように、甘い後味だけが残るチロルチョコばかりを食べ続ける歳じゃなくなったのだ。大人な僕らは。

チョコレートの真理がカカオだとしたら、
真理に近づけば近づくほど、何も混ぜなければ混ぜないほど、苦く聞こえるもの。

でも、それを知らなければ、新しいチョコレートを作ってプレゼントすることはできない。
自分だけのチョコレートを育めない。

愛を込めて。
ハッピーバレンタイン。

失敗と書いて、成長と読む

世の中に失敗なんてない、という超ベタな文句。

エジソンは、「1万回も失敗したそうですが、心は折れないんですか?」
と聞かれたときに、
「ちげーよ。1万通りのうまくいかない方法を発見したんだ」
と一蹴した。

先日、野村克也さんが亡くなられたというニュースを耳にした。
俺の大好きな阪神タイガースの監督もされていた名将と呼ばれる方だ。

彼の語録に、
「失敗と書いて『せいちょう』と読む」というのがあるらしい。

色々な著名人が哀悼の意を評している。
その中で、YouTubeに動画を上気ている人も多い。
僕はダルビッシュとホリエモンがアップしている動画をそれぞれみた。

ホリエモンは、野村さんは本当に頭が良い人だったと言っていて、
ビジネスマンにはちらほらいるが、野球一筋でやっている方であのような考えを持っているのはすごい、というようなことを言っていた。

これは興味がある。

ちゃんと本を読んだことがないし、
これを機に野村さんの本を読もうかな、と思った。

確かおじいちゃんの家にある。

カフェジャムやってきました!

仙川のKick Back Cafeで行われたカフェジャムで演奏してきました!

とっても楽しかった。

誰でも音楽を少しでも嗜める人はステージに登って演奏することができるイベントで、
弟と二人でエントリー。

ホストのミュージシャンを交えてオリジナル曲「あいも変わらず」を披露させていただきました!

ドラムの方、ギターの方、
そして何よりサックスのNKさん、ありがとうございます!

一緒にきた友達も、
「次回は俺も歌いたいわ〜」
と言っていて嬉ピヨっ!

また連れてきて参加したいと思います!

誰でもウェルカムなので、俺の知り合いなら誰でもみんなで一緒に行こう!笑
イェイイェイ

演奏の様子もアップしようかな。

以上です。

観たい映画いっぱい

俺は今見たい映画がいっぱいある。

・「パラサイト 半地下の家族」
・「1917」
・「ザ・ピーナッツ・バター・ファルコン」
・「007 ノータイムトゥダイ」
・阪神タイガースの映画

この中で、一つが公開中、一つが今日公開、二つが来週公開。007は4月だ。

これを全部見たい、俺は。

これは映画マニアみたいな通い方をしないとなかなか難しいよなぁ

特に1917とパラサイトは話題作で、いろんな賞をとっている、もしくはとりそうな映画なのだ。

1917は全編ワンカットに見える撮影手法をとっていて、長回し撮影ばかりらしい。とても興味深い。

パラサイトは設定が超面白そうな韓国映画。なんかのでっかい賞を受賞してた。

そしてリトルミスサンシャインのプロデューサーが手掛けた「ザ・ピーナッツ・バター・ファルコン」はこれは完全に俺の好みに合いそうなので見に行きたい。Rotton Tomatoesでの評価もべらぼうに高かかった。

007は単純にスタイリッシュでカッコ良さそう。

阪神タイガースの映画は、シンプルに俺が阪神ファンだから見たい。
なかなか映画館で阪神タイガースになれませんよ。

法被着て行こうかな

以上です。
今日は見たい映画についてでした。

フットサルイベント

今日は告知になります!

ポジティブなエネルギーに溢れる、
男性限定、
(プレーじゃなくて心が)激アツなフットサルイベント〜〜〜!!!!!!!

「ポジサル!」

開催します!!

イェーイ!!!!!

フットサルやりたい!という男性の方はぜひ、躊躇なくご参加ください!
レベルはさほど高くないです。
レベル低い人も高い人も楽しめるようにします。
ちなみに僕は真ん中です。

超絶楽しく熱い夜にしましょう〜〜!!
お待ちしてます!!

↓参加フォーム↓

ザ・ピーナッツ・バター・ファルコン観たい!

この映画がとっても観たい!!

リトルミスサンシャインのプロデューサーらしいんだけど、
あの映画もとっても好きだから興味ある!!

ロットントマトの評価も総じて高いし、絶対面白いと思う。

明後日公開らしいので予定調整していくぜ〜!

目標に具体性を。

目標を立てることの大切さとそのやり方が書かれてある本を読ん見ながら
目標を整理しました。

目標には具体性を。

掘り下げて掘り下げて具体的なレベルまで落とし込んでいく。

「痩せたい」のであれば、

「5kg減らして〇〇kgにする。」

「午前中は何も食べない」

「部屋に食べ物を置かない」

といった具合に、一番近い具体的な行動を見つけないといけない。

そんな作業を今朝はしました。

以上。がんばりましょう、今日1日も。

ピコ太郎の本

ピコ太郎の作り方、という本を読んだ。

音楽へのこだわりがとってもすごい、と言うことが分かった。笑

青森県出身で、津軽弁を喋る男の子だった。

青森が世界の中心だと思っていた彼は、
とある機会に小学生でテレビに出たときに、自分の喋る言葉がテレビスターの言葉と違っていることに気づいたのだ。
それで青森が世界の中心では無かったと悟ったらしい。

彼は自分のことを
「井の中の蛙の井の中のハエ」だった、と言っており、
新しい場所へ出ていくことの大切さを真っ先に書いていた。

人間は変化を基本的に好まない生き物。

4月からの新生活が決まっている人にとっては、新しい場所なんて、不安でしかない人も多いだろう。

ただ、パラダイム、見方の問題だ。

新生活で
「何が降りかかってくるのだろう」という不安よりは、
「何を得られるのだろう」「どんな出会いがあるのだろう」という期待感を持って望む方が、同じことをするのでも受け取り方が180度変わってくる。

今自分がいる「井」を飛び出せば、そこに新しい世界が広がっている。
知る、というのはとっても大事なことだし、
チャレンジ精神というのはいつまで経っても捨てたくない気概だ。

より良い場所へ行くために変化を厭わない、
心のマッチョマンになりたいと思いました。

心のマッチョマンとは?

人の話を聞くことの大切さを学んでいる。

なぜ人の話を聞くことが大切なのか。

それは相手にも聞く耳を持ってもらうためだ。

いろんな本やセミナーで言われていることで、
特に反省させられたことがある。

それは、話の聞き方、だ。

7つの習慣でも言われているが、
まず相手を理解する。そしてから、理解される。
と言う順番が大事なのだ。

相手の話を親身になって聞く、と言うのは、心から相手のことを知りたいと思っていないと不可能だ。

「目をしっかり見る」とか
「身を乗り出す」とか
「相槌をきちんと打つ」とか。
こういったノウハウは全部ゴミだから忘れろ、と。

とあるインタビューアーの女性が行なっていたのTEDプレゼンでも言われていたが、
相手の話を聞きながら「これを言いたい!」と言うことが頭に浮かぶとする。
すると、今度はそればっかりになって相手の話が入ってこなくなる、と言うことは往々にしてあるのだ。

むしろそのようなことばかりだ。

これは個人的にも耳が痛い。

これを学んだときに、
「俺はこの人に何を言ってやれるだろうか」
と言うようなことばかりを考えながら他人と話していた今までの自分が情けないと思った。

こんなやつと話している相手も可愛そうだし、話す相手を哀れにしている自分が一番惨めだ。

その人に起こったことはその人にしか分からないのだから、
「あ〜なるほど、〇〇ってことね。それはこうこうこうだよ」
と決め付けて語るな、と言うことだ。

先日その実践の場があったのだが、以前よりは相手の話をきちんと聞くことができたと思う。
でも、反省する点もあった。

自分のまとまっていない考え方をスピーチのように言って結局着地点がふんわりしていた。

あれでは相手も何も動かされない。

自分の持っているものもしっかり磨いていかないといけないと思った。

真のアドバイザーや、人に影響を与える人、と言うのは、
つらつら長々と語らなくても「ストン」と相手にシンプルな言葉を落としてあげられるような人だと思う。

それは相手を理解していないと為せない技であり、
相手を理解するためには聞かなければならない。

話の達人ほど聞き上手。

なるほど、と思った。

ディズニー値上げ

個人的にはあまり関わりのないニュース。

大人のワンデーパスが700円値上げして8200円になるらしいです。

唯一無二のエンターテイメントですからね〜

友達と来た〜みたいなお客さんは減らないと思いますけどね。
家族連れには少し厳しいのか?

でも子供料金は据置らしい。

映画館の売り上げが増えていたり、モノよりコトを消費する時代だ、と言われていますが、
ディズニーはそう言う意味で強いよな〜

僕もモノよりコトを売りたい。(小並感)