高尾山デビュー②「さよなら」

二度目の登山は、「表参道ルート」を通った。

その前に、景気付けの和栗ソフト!!!

右はバニラとのハーフ&ハーフ

しっかりと栗の風味もあり、とても美味しかった!というわけで出発!

疲弊している両足に、長ったらしい傾斜が立ちはだかる。
会話の内容も、空気とともに薄れて行く。
口から出てくるのが、だんだんと「ウォー」とか「わー」とか意味をなさない音に変わっていく。

一度目の下山で、思いきり遠回りしてしまった分、こんなはずじゃなかったと天を仰ぎながら、それでも、一度目とは違う景色だったので、それも楽しかった。

高尾山薬王院。 色々と上りすぎて階段アレルギーを発症。

 

 

そしてついに二度目の山頂!!

登頂してすぐに寝そべったベンチが気持ち良すぎた。

 

帰りは川沿いのルートを帰った。確か6号路。
常に川のせせらぎに包まれたそのルートが、一番歩いていて楽しかった。(こっちがおかしくなっていただけかもしれない)

そして戻った!

 

下山後の温泉は最高の一言。ここの炭酸風呂が、今まで入って来たそれの中で一番強烈で、気持ちよかった!!

 

湯上りに食べた御膳も大満足でした。

そば!タン!とろろ!天ぷら!刺身!麦めし!最高!

 

 

久しぶりにアウトドアな休日を過ごしました。
マイナスイオンで溺死するかと思った。

森林浴、ってやつですね!

山もいいものだな〜

富士山も一度は登って見たいと思っていたけど、さらにその気持ちが強くなった所存にございます。

でもしばらくはいいや笑

おかげさまでぐっすり眠れる夜になった。
ありがとう、高尾さん。

<完>

令和初ドライブ③「鎌倉」

江ノ島を後にした我々は鎌倉へGO!!

観音も見たかったのだが、鶴岡八幡宮に行くことに。

駐車場のおっちゃんが気を利かしてくれて値引きしてくれた。
いっぱい「ありがとう」と言った。

そういえば思い出した。この日の朝、皆と合流する前にケータイがぶっ壊れて大変な思いをしたのでした。
なんとなく持っていっていた自分のPCで、新宿区のWi-Fi拾って連絡取れたおかげで無事合流できたけど、危うく集合ができないところだった。ケータイありきの生活ってそういう意味で怖い。

何が言いたいかというと、今回のドライブでは自分で写真を撮れなかったので撮ってもらったものばっかりでーす!(^_^)v
さっせーーーん!(^_^)v

m(_ _)mm(_ _)mいやまじでみんなありがとう。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

鎌倉には階段があったよ!
鯉と鳩と亀とそれを餌付けしている女の子を見ていたよ。鳩以外全部可愛かったよ。
めちゃくちゃうまかった。名物白玉とソフトという、和と洋の出会い。太平洋の真ん中でこんにちは、といったところですかね。ハワイでしょうか?

 

いいえ

 

 

こだまでしょうか?

 

 

いいえ

 

 

 

冗談はともかく、鎌倉は本当に短い滞在でしたが素敵な場所でした。

女の子に食パンで餌付けされていた亀たちが一番印象強い。

 

次回逗子です。

夢の国と宮崎人

最近、観光地巡りを意識的にしている。
もともと関東に住んでいなかった、というのはあるが、今まで本当にいわゆる観光地という場所を訪れることが少なかった。

日本人として、日本にある素敵な場所のことをあまり知らないのは良くないと思った僕は、今年の6月についに、ディズニーランドデビューを飾った。

もともとディズニーランドに行く予定はしばらく前から温めていた。
生まれて20年もして、一度も言ってないと、それを逆に「俺って逆にすごくね?」と謎に豪語し始めてしまっていたのだが、エンターテイナーの端くれとしては、ある意味日本のエンターテイメントの最高峰とも言えるであろう東京ディズニーランドには一度は見に行くべきだといつからか思うようになっていたのだ。

行くとなれば日程を空けるのは難しくない。
問題は「誰と行くか」だった。

選択肢は今から思えば色々とあっただろう。例えば

⑴何人かでワイワイ行く
→ 人数が増えれば増えるほどメンバーの日程を合わせずらい

⑵彼女、及び好き又は気になる女の子を誘って行く
→ 大体の人が薄気味悪い笑みを浮かべながら聞いてくるのがこの選択肢。それほど定番のデートスポットだということか。まず俺はそんなチャラいことはしたくない。そもそもそっちがメインになってしまってディズニーランドが一体どんなものなのか、がっつり見に行こうとしている自分にとって、そんな連れがいたらそれどころじゃなくなってしまう。

俺は「当然」気のしれた(と言っても知り合ったのは比較的最近だが)男友達を誘って行った。

だがこの
『男二人で行った』
という事実への反響は予想以上に大きかった。

「なかなかいないよ」「まるで愛し合っている感じ」「怪しい」とか、シンプルに「変だよ」と辛辣に斬られたり。

一緒に行ったやつともたっぷり話すことができたし、お互いのことをもっとよく知れたから良かった。何より、「ディズニーをこの目で見る」という俺の当初の目的は十二分に果たせた。

偉いのは何度も行っているディズニーに、わざわざ一緒に行ってくれたそいつだ。
優しい。
ありがとう。助かった。

てなわけで今度はシー、よろしく。